レアジョブの代講とは

レアジョブには代講というシステムがある?代講についてご紹介

 

レアジョブには代講というシステムがある?代講についてご紹介

 

レアジョブ英会話利用者の口コミを見ていると、度々出てくる「代講」というキーワードがあります。

 

これは、講師側の都合でレッスンができなくなった場合に、代わりの講師がレッスンをすることになるシステムです。

 

これはどのようなシステムなのでしょうか。レアジョブのサービスをより深く知るために、このシステムも知っておくと良さそうです。

 

ご紹介していきたいと思います。

 

 

レアジョブの代講システムとは?

 

レアジョブの代講システムとは?

 

レアジョブの利用者は、レッスン開始の30分前までならキャンセルすることができます。

 

逆に講師が都合によりレッスンをできなくなることもあります。

 

その場合には、代わりの講師が用意されます。これが代講システムです。

 

代講の連絡がEメールで届きます。メールの中に代わりの講師が誰なのか書かれてきます。

 

もしその講師が嫌な場合には、レッスン開始の1分前までキャンセルすることが可能です。

 

レッスンをキャンセルすると、次回使えるレッスンチケットがもらえます。

 

 

変わりの講師はどんな人が選ばれるの?

 

レアジョブの代講システムとは?

 

せっかく希望の講師を予約していたのにキャンセルされてしまうとがっかりしてしまいます。

 

そこでレアジョブはできるだけ利用者の希望の添えるように、利用者がお気に入り登録している講師、今まで何度も受講したことのある講師から優先的に選ぶようにしています。

 

代講を受けたことにある利用者の方の口コミを見てみると、自分の希望に近い講師が用意されるので特に困ったことはないとコメントしていました。

 

代わりの講師は、人気のない暇な講師なのでは…と疑いたくなってしまいましたが、そのような選び方はないようなので安心です。

 

代講になるとちょっと残念ではありますが、気持ちを切り替えて代わりのレッスンを楽しんでみましょう。新しい講師との出会いがあるかもしれませんね。

 

また仮に代わりの講師が良くなかったとしても、1回のレッスンだけのことなので、「今回はあまり良くなかったな」と思う余裕も大切ですね。

 

 

なぜ講師側の事情でキャンセルになるの?

 

実際に毎日レッスンをしていると代講が行われることが時々あります。

 

これはどうしてなのでしょうか。それにはいくつかの理由がありました。

 

 

インターネット回線の不具合

 

先進国であるフィリピンは、電力供給環境やインターネットの環境が整っていない場所もあります。

 

突然の停電やインターネットの接続の停止が起こることがあるのです。

 

 

道路渋滞

 

フィリピンでは、道路の設備事情や悪天候により、数時間かかる大渋滞が起きることがあります。

 

 

家族の事情

 

フィリピン人は日本人よりも大家族です。

 

そして、仕事よりも家族の病気を優先することが多いです。

 

そのため、家族に問題が起きたためにレッスンをキャンセルすることもあるのです。

 

 

このような理由により、フィリピン人講師がレッスンできないということがあります。

 

しかしすぐに代わりの先生が用意されるので、レッスン自体がキャンセルされるわけではありません。

 

フィリピン人と日本人の違いを理解して対応したいですね。

 

 

以上、レアジョブの代講サービスについてご紹介してきました。先進国であるフィリピンは、日本では考えられないようなインターネットのトラブルが起きることがあります。

 

また、フィリピン人の国民性により、家族の病気の時は仕事より家族を優先します。

 

希望する講師のレッスンを受けることができなくなるのは嫌ですが、きちんと代わりの講師が用意されるので問題はないことがわかりました。

 


レアジョブ画像

レアジョブ(当サイト徹底解説ページ)

オンライン英会話 No.1のレアジョブ英会話。週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになと話題。界最長クラスの歴史があり、2014年には東証マザーズに上場。会員数は50万人以上と業界最多。法人企業様や教育機関様にも、安心して利用でき、今なら25分×2回のレッスンが無料でます。実力と価格メリットのある英会話です。